初心者のためのスチームクリーナー(スチーム掃除機・蒸気掃除機)簡単ガイド

単純にキャニスター式を選ぼう

スチームクリーナーに興味があって、どれがいいか迷っていると言う方に、絶対に失敗しないスチームクリーナーの選び方・使い方をご紹介します。

まずは選び方。これは単純明快、キャニスター式のクリーナーを選びましょう!

キャニスター式というのは、掃除機をイメージしていただければ分かると思いますが、キャスターが付いた本体からホースが伸びているタイプです。

なぜこの形がベストなのかと言うと、それ以外のもの、つまりモップタイプやハンディタイプでは、コンパクトさを追求するあまり一度に入れられる水の量が限られている上、長時間持っていると重たくなって掃除どころではなくなるから。

スチームクリーナーは、擦ってもなかなか落ちない頑固な汚れ、手の届きにくい細かなところの汚れに大活躍しれくれますが、10分や20分で度々給水が必要だったり、その重さに腕が疲れてしまったりするのでは意味がありません。

また、キャニスター式の中でもボイラー式という加熱方法で水をスチーム状にするものを選びましょう。

スチームクリーナーは高圧で高温であることが快適にお掃除をする最低条件です。よく似た方法にパネル式と呼ばれる方法もあるのですが、ボイラー式でなければ100度以上のスチームを噴出することができません。

キャニスター式且つボイラー式で発熱されたスチームが出るクリーナーを選びましょう。

スチームクリーナーの使い方・用途

キャニスター式でボイラー式のスチームクリーナーが良いといえば、選べるスチームクリーナーは限られてきます。

ケルヒャーか、アイリスオーヤマ、スチームファーストの3種類が主でしょうか。

スチームファーストであれば合理的なキャニスター式のクリーナーしかありませんから迷うことはありませんが、他のメーカーですと様々なスタイルのスチームクリーナーを販売しているので迷ってしまうかもしれません。

『床に使いたいからモップタイプで良いかな?』、『窓の掃除が目的なのでハンディタイプで十分かな?』ではなく、どんな場所にも使えるキャニスター式を選ぶことが基本中の基本です。

便利なクリーナーであれば掃除したい場所が自然に増えていきます。用途に合わせてクリーナーを選ぶのではなく、優れたクリーナーならば用途が増え、それだけお得に使うことができるのです。

使い方は水を入れて、水が十分に温まるのを待ち、適したアタッチメントを装着して汚れに当てるだけ。キャニスター式でボイラー式のスチームクリーナーであれば自ずと選ぶものは数種類に限られます。

後は掃除の用途に適したアタッチメントがあるかというポイントと、お値段で選ぶことになるでしょう。

各製品の販売価格を比べてみよう

キャニスタータイプのスチームクリーナーであれば、あらゆる場所で使用可能です。

しかし、1つだけ気をつけたいのは、≪あらゆる場所で使用できる≫というのは適したアタッチメントが付いていればの話。

本体だけではなくアタッチメントがどれだけ標準で付属しているかを確認しながら販売価格を比べてみましょう。

以下は、キャニスター式且つボイラー式の加熱方法を採用しているタイプのスチームクリーナーの比較です。

まずは、本体価格。

  • ケルヒャー : 20,551円
  • アイリスオーヤマ : 20,390円
  • スチームファースト : 19,900円

次に、アタッチメント数。

  • ケルヒャー : 5種(5個)
  • アイリスオーヤマ : 10種(13個)
  • スチームファースト : 13種(18個)

最後に、消耗品ブラシの値段(※最も汎用性が高いポイントブラシ)

  • ケルヒャー : 1,480円(4個)
  • アイリスオーヤマ : 1,200円(5個)
  • スチームファースト : 800円(1個)

比較してみると初期費用の面ではスチームファーストが一番お買い得です。その他の2製品で特にケルヒャーでは、標準付属のアタッチメントが少な目なので買い足しが必要でしょう。

アタッチメントだけの価格で比べると、スチームファーストは1個800円という価格設定ですから、長い目で見るとコストはあまり変わらないかもしれません。

しかし、スチームファーストは標準でポイントブラシが5個+真鍮ブラシが1個=計6個のブラシがついているので、買い足しの必要性が低いことを考えると、手間的にもコスト的にもやはりお得のようです。

スチームファーストの場合、カルキ除去剤や1,500円相当の専用洗剤も付いていますし、アタッチメントもスチームファストに限りハードスポンジなどもあり、断然お得感が違います。

このように価格を比べた上で結論を言えば、スチームファーストが最もおすすめです。

連続使用時間も45分と最長クラスですから、初めてスチームクリーナーを選ぶのでしたらスチームファーストで間違いないでしょう。

スチームファースト

スチームクリーナーINFO

HOMEへ戻る
ページの先頭へ戻る